【特別効果 前編】労災保険を特別に享受できる特別加入者とはどんな人が対象か

労働者災害補償保険法
この記事でわかること
・特別加入とはなにか
・特別加入に入れるのはどんな人か?

労災保険は企業に雇われている労働者を対象にした制度であるが、海外労働者などは労災保険の対象外となってしまう。そこで、彼らが業務や通勤で災害に遭った場合、一定の条件で労働者と同じように労災保険を受けられるようにした制度を特別加入という。特別加入について、2回にわたって説明していく。

特別加入者について

特別加入者とは

 特別加入者とは、業務の実態や災害の発生状況から、労働者と同じように保護することがふさわしいという人に、労災保険に特別に加入することを認めている制度のことをいう。

特別加入者の対象者

 特別加入ができる対象者は、中小事業主等一人親方等海外派遣者の3者である。今回では、この三者が何者かについて述べていきたい。

中小事業主等

 中小事業主等とは、常に300人以下の労働者を使用する事業主およびその事業に従事し、労働者ではない者のことをいう。しかし、例外として金融業・保険業の場合は50人以下、卸売業・サービス業の場合は100人以下である。

加入対象者

 上記の中小事業主等に該当する者であれば、すべて対象者として適用される。

一人親方等

 一人親方等とは、労働者を使用しないで事業を行う者、またその事業に従事する者をいう。

加入対象者

 ここで、特別加入の対象者となる一人親方等は、特定事業における一人親方等と特定作業従事者の2種類である。

・特定事業における一人親方等

 労働者を使用しないで事業を行う者のことをいう。具体的には、個人タクシー業者(①)や大工などが挙げられる。

1. 自動車を使用して旅客や運送をする事業
2. 土木や建築などの建設・改造・破壊・修理なを行う事業
3. 漁船による水産動植物の採捕の事業
4. 林業の事業
5. 医薬品の配置販売の事業
6. 再生利用目的の廃棄物等の収集、運搬、選別、解体などの事業
7. 船員方に規定する船員が行う事業

・特定作業従事者

 特定作業従事者とは、下記の作業を担い、労働者ではない者のことをいう。

1. 特定農作業および指定農業機械作業
2. 職業適応訓練作業など
3. 家内労働者およびその補助者の特定作業
4. 労働組合等の常勤役員の特定作業
5. 介護作業および家事支援作業

 労働者を使用しないで事業を行う者全員を特別加入の対象者としてしまった場合、ほんの些細な事業(例えば、知り合いにお裾分けする程度の小規模でやってる家庭菜園など)も労災保険の対象にカウントされてしまう恐れがある。そのため、特定の事業について上記のように細かい決まりがあるわけだ。

海外派遣者

 海外派遣者とは、海外の事業に派遣される者のことをいう。

alert 海外派遣者と海外出張者の違い

海外出張とは国内の企業に所属して国内の企業使用者の指揮に従って勤務することをいうが、海外派遣とは海外の企業に所属して海外の企業使用者の指揮に従って勤務する労働者またはその事業場の使用者として仕事をすることをいう。
加入対象者

 海外派遣者のなかでも、特別加入の対象となる下記の3種のケースである。

1. 国内の事業主から、海外で行われる事業に労働者として派遣される者
2. 国内の事業主から、海外にある中小規模の事業に中小事業主等 (労働者ではない立場)として派遣される者
3,独立行政法人国際協力機構など開発途上地域に対する技術協力事業 (有期事業を除く)を行う団体から派遣されて、開発途上地域で行われている事業に従事する者

以上、今回は労働者以外で特別に労災保険に加入できる中小事業主等、一人親方等、海外派遣者について説明してきた。

 

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

コメント